デジタル印刷を活用した無線綴加工ラインの自動化とは!

記事をシェアする

NEW

デジタル印刷を活用コラム用

無線綴加工は、情報誌、マニュアル、学習参考書、写真集など、私たちの身の回りでさまざまな形で使われており、その目的や用途に合わせて、本のページ数やサイズも多種多様です。特に、ニーズの多様化が進んだ近年では、中ロット、小ロットのニーズが高まり、PODやインクジェット印刷機で出力し、無線綴機や三方断裁機を使って本を作るお客さまが増えてきています。
その際、各工程をまたぐ作業に多くの作業者を要するため、今まで以上に効率化を目指すお客さまが多くなっています。
そこで、今回は無線綴じラインの自動化についてご紹介します。

動画は以下よりご覧いただけます。

デジタル印刷を活用_動画再生

セミナーご視聴後、アンケートへの回答へご協力ください。
アンケートはこちらから


■関連リンク
生産工程全体の効率化を支援するFFGSのポストプレスソリューション
セミナー動画|後加工で取り組める自動化とは!
プロダクトミックスにおける中綴じ工程のあるべき姿とは!
「FFGSポストプレスソリューション」の詳細はこちら

記事をシェアする

イベントレポート一覧へ戻る